オステオパシー整体のルーチェ。京都市西京区桂で頭痛や肩こり、急性障害ほか慢性疾患でお悩みの方へ気持ちよい、自然治癒力を高める全身調整を行っています。
> オステオパシーについて

ご挨拶

 

オステオパシーについて

 

1874年にアメリカのAT.スティル医師によって提唱された医学体系である。
構造と機能を生理学の観点から調和をさせ身体の緊張と制限を取り除く事を目的とする。
人間の持つ免疫を強化させ、自然治癒力の増進を図るためのアプローチを、手技を使って脊椎及び神経系にあたる。

オステオパシーとはテクニックの方法ではない。

人がどのように作られるか、そして悪くなった人をどのように治すかについての実用的な知識である。

 

人間の身体の全ての部分が秩序正しく機能しているとき、我々の身体は完全に健康体である。そうでないとき結果として起こるのが病気である。悪い部分を再調整すれば、病気は健康に道を譲る。

 

 

4大原則

* 構造と機能は相互関係にある。

* 身体は自然治癒力を持つ。

* 身体は肉体、精神、魂が全体として働くひとつのユニットであり身体の諸器官や組織は互いに関連して機能している。

* 施術は以上の原理に基づいて合理的に行われる。

 

オステオパシーは様々な症状に適応する

 

オステオパシーは筋肉や関節などの筋骨格系だけでなく、臓器・神経系・血管系・リンパ系・免疫系などあらゆる器官に対する技術を持ち合わせています。そのため様々な原因や症状を持つ方々に対応する事が出来ます。
オステオパシーでは患者さん自身の自己治癒力・免疫力を引き出すことで回復へ導くため、特定の症状に有効というものではなく、適応範囲は非常に広いと言えます。

 

身体・心・精神 -BODY・MIND・SPIRIT-

 

さらにオステオパシーでは身体全体を診る事だけでなく、人間を身体と心、精神を持つ統一体であると考え、身体、心、精神のそれぞれの働きや繋がりを大切にして診察し治療を行います。
人が本当の意味での調和を取り戻した時、身体や心、精神をリラックスさせる事ができ、様々なストレスや生活環境などにも対応し適応することができます。オステオパシーではこの3つのバランスが取り戻され調和がとれた時に初めて真の健康な状態であると考えています。