オステオパシー整体のルーチェ。京都市西京区桂で頭痛や肩こり、急性障害ほか慢性疾患でお悩みの方へ気持ちよい、自然治癒力を高める全身調整を行っています。
> 当院と他院の違い

当院と他院との違い

 

ルーチェの他院との違い・カイロプラクティックや整体との違い

 

私個人の考えとしては オステオパシーとカイロプラクティックとの考え方の(あえて理論とはかきませんが)大きな違いは、やはりカイロプラクティックは骨格のアジャストそして神経系を正常化に身体を治す治療がベースにあるような気がします。
それと現在はカイロプラクティックも人体に対して様々なアプローチの方法があり、筋反射や脊髄液、エネルギー治療も存在します。しかしながら、頭蓋治療や関節の扱いなどの概念はプリミティブなところでは相違があるように感じます。誤解が出やすいところなので、詳しいことは省略いたします。といったことで日本でのそれぞれの立ち位置は技術の交流もあり、完全に2極分離した状態では無いのですが、各協会はあまり仲良くないような感じです。

整体というのは民間療法、療術や代替療法を指します。(オステオパシー・カイロプラクティックは本場ではD.O・ D.Cでドクターです)日本語としては、大正時代に用いられるようになった用語で、オステオパシー・カイロプラクティックなどを日本古来の手技療法と組み合わせ「整体」と名付けたのが始まりのようです。元々発祥の歴史は深く、そして整体という言葉は戦後に野口晴哉の整体操法(野口整体)や医師の橋本敬三が作った操体法が有名になった事で一般に知られるようになった。これらは整体の源流の一つと聞いています。またある人は、アメリカで誕生したオステオパシーを「整体」と訳したのが始まりのようであると述べている。またこれは、医学体系化されていない技術であるので、いろんな支流、流派ができて、その弟子や個人創始の技術の使い手の先生の施術法であります。元々は やはり古武術の整復技術であるように思われます。対処する技術は優れているようでも、ただ違いは学問(医学)として確立していない事だと思います。
オステオパシーは医学でありますが、それは米国の非常に所得困難な医師の国家資格内の事で、(米国以外では純粋の医師資格ではなく日本の歯科医に近い感じの扱いで国によって様々である) 日本では医療としては残念ながら認められていません。いろんな先生方が協会を設立され、オステオパシーの発展に精進されておられますが、如何せん日本では代替医療としての認知しかありません。また協会として1つにまとまっていません。たんなる個別の民間団体であるようです。(間違っていたらすみません)

一般的な接骨院の先生の治療姿勢ではなく、基本的に患者様の利益に繋がるように1対1の治療体制で患者様の障害部分や不健康になっている原因を徹底的に見つけ出し治療を施し、治癒という終着駅に導く線路上を走る列車に患者様を乗せる努力をいたします。その後は、いかに良い健康状態を維持していけるか、身体のメンテナンスケアの重要性をご説明させていただきます。

基本的に 出来るだけその場で症状が変化させるように施術し(無理な場合当然あります) 患者様にこの技術が有効であると納得していただくように施術を進めさせていただきます。
例えば 肩が痛いと患者様がおっしゃっても、大体の場合は他に原因がある場合が多いので、原因を見つけ出し施術しながら、患者様の反応を確かめつつ痛い患部を緩和させていきます。
オステオパシーの技術のみではなく、16年以上の臨床経験上患者様にとって有益なオリジナルテクニックを駆使いたします。単に協会認定の若い先生の技術とは 一線を画します。出来るだけ最短期間で痛み、しびれ、患者様の主訴を取り除きます。

それと一番の他の先生との決定的な違いは、エネルギーフィールドをクリヤーにできることです。この技術は教えられたものではなく、生まれつきの天然の力があるようです。
私はオステオパシーに固執いたしません。必要のない枠には留まりません。
本来の目的は患者様を楽ちんにさせてあげたい事なのです。自分の経験した痛み、苦しみや嫌な事を消し去ってあげたいのが私の天から与えられた仕事と捉えているからです。

 

初めての方へ

 

初診の際の注意事項

■初診時は、受診前に問診票の記入をしていただきますので、予約時間の15分前にお越しいただきますようお願いいたします。

■ご来院の際は触診しやすい薄手の身体を締め付けない動きやすい服装でお越しください。お着替えをお持ちいただいても構いません。
(お忘れの際は貸し出し用のお着替えをご用意しておりますが、数に限りがございますのでご了承ください。)

■ボディースーツやガードル他身体を締め付けるものは治療中・治療後ともに身に付けないようにしてください。

■出来るだけヒールのない靴(高くても3cm以内)でお越しください。

 

五十肩の場合

痛みが出てしばらくたってからの場合(急性期)は安静にしてください。
本当に痛みが出始めた時は、出来るだけ早急に施術すれば、劇的に痛みが取れる場合があります。
肩関節の石灰沈着による固着の場合はしばらくの間治療に時間がかかります。しかし初回の施術より肩の痛みや可動域は改善します。
まず腕や肩の痛みや可動域の状態をチェックします。

ルーチェでは他に重要な部分をチェックします。
(肩の症状ですが、ルーチェではまず頭蓋仙骨の状態をチェックしてから肩から一番離れている足関節から診ていきます。)
まず痛みの発生している 肩の施術を行います。

一般的には、肩関節、頸椎及び、上部頸椎をチェックしますが、ルーチェでは 他に重要な部分をチェックします。
下肢、骨盤、脊柱の状態をチェックします。これだけ、丁寧に施術を行い、根本的に治します。この検査が根本治療に必要不可欠です。
この一般的に行わない部分の検査からの施術が他院との決定的な治療効果の差となります。

 

むち打ち後遺症の場合

一般的には、頸椎ならびに肩や首の筋肉のコリをチェックしますが、ルーチェでは 他に重要な部分をチェックします。

 

腰椎分離すべり症の場合  17歳男性 バレーボールの選手

母親が鍼灸師でつれてこられた。母親が以前超有名なオステオパシー協会の会長の直弟子の先生の治療院で治療を受けられたが、私の治療の方がもっと良くなり効果が長期に継続するとのことで来院。
腰部の痛み、下肢の痺れは1回の全身治療で喪失。骨が分離しているので、完全に治るようなことは、ないですヨ、と説明。以後3か月〜6か月に1回ぐらいのペースで来院される。

両手の握力低下と痺れで来院。全身の状態のチェックをしたところ、首のハリはあるが、首の状態より右足関節のある部分の固着を発見。その部分をリリースしたところ、直接右腕の握力は元にもどる。痺れは両腕とれる。左腕の握力はまだ半分くらいしか出ない。それで首の緊張をとり、前腕部のリリースを行い 握力は回復する。
後から話を聞くと 1か月前から右足首が痛かったとのこと。腕の痺れと握力低下は 右足首がメジャーの原因であった。

 

メニエール症候群の場合  40歳男性 建設業

4年ぐらい前より定期的に回転性のめまいが起こる。回数が増え正常に戻る期間が長くなる。薬がきかなくなってきている感じ。現在通っておられる方の紹介で来られた。
状態を詳細にお聞きすると、めまいが起きると5〜6時間横になり、収まるのを待つというのを繰り返している状態。めまいの時はもどすらしい。ぎりぎりの状態のようで、これから仕事が続けられるか非常に不安であるとの事。2か所の専門病院の診察でメニエール病と診断、めまいの起きる前兆に耳鳴りが起こるパターンがある。
この方はまず身体の周りのエネルギーフィールドの状態が悪く、エネルギーをクリヤーにしておいてから、肉体にアプローチをかけていく。頭蓋仙骨の状態を判断し脊髄液の循環不良を発見、CV4を行う。全体の筋膜をチェックしていき特に上胸部から頸部の筋膜にアプローチする。下肢に問題を見つけ出し、右腓骨にエネルギーブロックがありリリース。2回目もCV4を行う。全体の筋膜をチェックしていき特に上胸部から頸部の筋膜にアプローチする。右前腕部に固着、リリース。今度は顎関節に大きな問題を発見、何回かにわたり治療を施す。4回目よりオリジナルテクニックの経絡治療を追加し、症状がかなり安定してくる。8回目には完全に症状が無くなり安定する。
この方は精神面のモヤモヤが発生しやすく、エネルギーが鬱滞しがちで、波動に陰りが出てくるときに症状が発症するようである。頸椎と顎関節を正常に戻し脊髄液の循環を活発になるよう調整していった。
かなり複雑にからみあった原因のめまいである。

 

緊張性頭痛の場合  70歳女性 主婦

当方に通っておられる方からのご紹介でおみえになりました。頭痛がひどく半年ぐらい毎日症状が出るとの事。一日の半分は寝込んで生活している状態。いろいろと 話をお聞きしたところ、4年前に事故にあってから体調がおかしく度々頭痛が起きたりしていたらしい。私の治療経験では、単なる頭痛は(脳腫瘍や脳出血以外)その場で頭痛が消失する場合が多く、長引いても3〜4回施術を受けて頂いたら、たいがいの頭痛は良くなられますが、この方はかなり特殊な状態のようで、初見からエネルギーフィールドの異常は半端ではなく、酷い状態でしたので、まずエーテル体の調整をして、脊柱の側弯の調整や 他の筋骨格系の調整をしましたが、その場では痛みが取れるのですが、家に帰られて数時間もすると又頭痛が襲ってくるという状態が繰り返しました。この患者さんは、すぐにどこか良い治療院か病院を紹介してくれ(何が何だかよくわからない性格)とおっしゃる方で頭痛専門の病院や一鍼治療の高名な鍼灸治療院に毎日のように治療に行かれたが回復しないので、根掘り葉掘り同じことを質問して そこの先生に怒られ、もう来るなとどやされる始末にいつも落ち着くようでありました。数か月後にこちらに施術にやってくるを繰り返すパターンであります。私は数回目の施術の時に(クレニオ)脳脊髄液の流動の異常を発見し入れ歯の事をお聞きしていましたが、「これは有名な歯科医師の作った入れ歯なので問題無いと」一蹴された記憶があり、そのことには触れなかったのですが、どうもこれだけ施術をして安定しないのは もう入れ歯しかないと思ったので、入れ歯を外して、クレニオセイ�
�ラルセラピーを行いました。そうすると頭蓋骨の動きは全く違って 自由に束縛の無い動きが表出しだしました。これによって言える事は入れ歯が全くその人に合ってなかった為に、上顎の自動運動が制限された為に蝶形後頭骨結合の動きの制限が起こり脳脊髄液の循環の制限が起こり又静脈血の流れが落ちて動脈血の流動が減少し酸素量が減少したということです。(実費治療で外車がゆうに購入できる価格の入れ歯?)
交通事故に遭われてから、入れ歯を作られたのが 一つの原因であります。事故で身体がねじれた状態で頭蓋を固定してしまったのが、不運でしょう。
このことは 頭痛の原因の多くである筋緊張による血流の問題だけではなく、もっと全体を観察しなければ、元の原因がわからないといった 良い例です。この場合 一般の(かなり有名な先生)鍼灸治療では良くならない症例です。

 

腰部ヘルニアの場合  50歳男性 会社員

腰が痛いと、ご紹介で来られました。山を走り下りるスポーツをしてから症状が出たとの事です。
体格はぽっちゃり方でそのようなスポーツをされている印象はございません。整形外科での診断は一応ヘルニアでよくわからないような説明でした。
私はこのような医師の診断された腰痛は確実に治せる自信があるので、いつものように検査し、左腰部、下肢にヘルニアの兆候はあり。骨格や筋筋膜の状態はそんなには問題が無いようであったのだが、気になったのは現在の家庭の状況と、投薬の種類(痛み止めと、抗精神薬の使用からぬけられない)でした。痛みの原因はだいたい2回目で判断できたのだが、たぶん本人に説明しても理解されないと思いましたが、一応何回かご説明したところ、やはり暖簾に腕押し反応でした。。
このような患者さんの条件の場合はすっきりとは好転しないか、変な反応がある場合が多いです。やはり3回目で治療の後強烈な痛みを訴えられ30分ほど安静にし歩けるようになり、怒って帰られました。
やはりこの方の生活環境では、潜在意識で腰痛になり家の環境にタッチできないようにさせる、何らかの力がはたらいているように思います。腰痛はこういう事はよくありますが、精神薬の作用が痛みを増幅させる場合がよくあります。15年施術をしてまいりましたが、治療後すぐに痛みを訴えられたのは、初めてです。
抗精神薬や抗不安薬の常用(デパスを医師の処方より大量に摂取)このような患者さんは、私の施術を受けられるご予約時に最初に必ず報告してください。誠に申し訳ございませんが、お断りさせていただく場合があります。

 

頸椎ヘルニア・むち打ち後遺症・アトピーの場合  52歳男性 自営業

交通事故によりむち打ちと診断され、背中の痛み、腰痛、首が回らない、左手の握力低下、40kgが10kgに、痺れている。
アトピーは高校生の時に発症しステロイド剤治療を30年続けた後、5年ぐらい前より離脱する。全身にステロイド皮膚症状あり。顔や関節の皮膚は肥厚し紫色に変色し粉がふいている状態。
全身のチェックで交換神経優位で筋緊張を確認。上部胸椎左回旋、右側屈、頸椎左関節圧縮し離開しない、頸椎全体後弯し可動制限あり。各関節の力が脱力できない状態で又、正座が困難である。両足関節の可動制限があり、それをリリースさせる。仙腸関節の制限の解除をし、胸肋関節のリリースを行い、横隔膜の解放を行い、呼吸制限を緩和させる。そして頸椎の解放を行い握力の状態を握力計で測定すると30kgの表示がでる。本人は「あれっ、なんで力が出るの?不思議!!」との感想。
6〜7回ぐらいで症状が安定し完了、アトピーの状態もかなり改善している様子である。この方も手術の前に私の処に来られ オステオパシー手技治療で完治し喜ばれました。